朗報!住宅ローン減税延長 《2021年02月情報更新》

現在住宅ローン減税の控除期間が10年から13年に延びていますが、2020年の末までに入居することが条件となっています。ですがその期限が1~2年延長しそうです。検討段階ではありますが、慌てて建てようとしている方はまだ余裕が生まれそうです。大きな買い物なのでじっくりと検討してみては。

住宅ローン減税延長

新築注文住宅の場合で2021年の9月までに工事契約をし、2022年の12月までに入居することが条件で控除期間13年が延長されました。

令和3年度住宅税制改正概要

(1)住宅ローン減税
 ○現行の控除期間13年の措置について、
  契約期限(注文住宅はR2.10~R3.9、分譲住宅等はR2.12~R3.11)と
  入居期限(R3.1~R4.12)を満たす者に適用。

 ○上記の控除期間13年の措置の延長分については、床面積要件を40㎡以上に緩和。
 ※40㎡以上50㎡未満については、合計所得金額1,000万円以下の者に適用。
 
(2)住宅取得等資金に係る贈与税非課税措置
 ○R3.4~R3.12の住宅取得等に係る契約について、
  R2年度と同額の非課税限度額(最大1,500万円)を措置。
 ○床面積要件を40㎡以上に緩和。
 ※40㎡以上50㎡未満については、合計所得金額1,000万円以下の者に適用。