所沢の現場が完成に向けて追い込みです。完了検査は予約済み。間に合うのか?


大工工事・内装工事がほぼ終わり、施主による壁塗りです。

今回もプラネットジャパンのフェザーフィールを使ってます。専用の下地を貼ってもらい、後はローラーで塗るため素人でもきれいに仕上がります。ベースは白ですが調色も可能でアクセント壁に色を付けたりもできます。

施主による壁塗り

キッチン背面を落ち着いた緑色に

足場が外れ建物のお目見えです。外壁はジョリパットという左官の塗り仕上げです。サイディングには出せない、目地のない美しさ・やわらかさがあり、落ち着いた雰囲気が魅力です。

外観 ジョリパット塗り

最終更新: 2019年4月1日

所沢の現場です。今回も日帰りです。

前回より1か月が過ぎ、だいぶできあがっていました。

今回メインの勾配天井はシナベニアを張りました。木目があまり目立たず白っぽいため室内が明るくなります。目透しと突付けを図面で指示していたため、大工さんは手間かかりましたーと言ってましたが、ばっちりきれいに張っていただきました。


棚をつくるとまず使用するのは現場の大工さんです。住む人だけでなく工事中も役立っているのを見ると思わずにやっとしてしまいます。






埼玉県所沢の現場です。

敷地が狭く狭小住宅と呼ぶのかもしれませんが、2階リビングと勾配天井で意外と広く感じられひと安心。現場監督・大工さんもしっかりとした方でイメージや納まりの確認ができました。

今はLINEでやり取りができるため、現場写真や図面・スケッチなど簡単に送れます。便利な時代になりました。


勾配天井のリビングとロフト


外観 2面道路




Copyright © 福田建築設計室, all rights reserved.