秋晴れの中、思い立ってドライブがてら行ってきました。

久々の小石原。5年ぶりくらいかな。

とびがんなのシンプルで素朴な器が好きで、愛用してます。

個人的にお気に入りは鶴見窯。色合いやデザインが好きです。

お隣に出来てた新しめの上鶴窯こちらはモダンな感じ。

そして人気の翁明窯。マットな質感が好きです。



臨時駐車場に木製のブランコがあり、大人に付き合わされた子供たちの憩いスペース。喜んでました。


お盆休み最終日。急に思い立って呼子へ。

CMで流れているジーラに乗ってきました。

全く期待してなかったんですが、正直楽しかった。

水族館とは違う本物の海の魚を間近に見ることができ、子どもたちも大喜びでした。




個人的にはこちらが旅のメインのイカですが、

近くのいか本家は30組待ち・・・ざっと100人くらいは待ってます。

それなら来る途中にあった海辺の小さな料理屋ならと行っていみると、

なんと売り切れ!!なんですと!!


人生初の透明なイカ刺しは次の機会にお預けです・・・。

お盆に下関に帰省し、ちょっと用事で長府を訪れたところ、「何かすごいのあったよ!」と妻が言うので車を停めて立ち寄りました。

竹がすごい!何これ!?久々の衝撃でした。


忌宮神社にて毎年行われるお祭りらしいのだが、調べると天下の奇祭「数方庭祭り」らしいです。初めて知りました・・・。

設営途中かと思われた旗が付いている10mくらいはありそうな竹は、何と担いで歩くらしい。重いしバランス難しそう。これが奇祭と呼ばれる所以なんでしょうね。


来年は夜に来て実際の祭りの風景を見てみたいです。




Copyright © 福田建築設計室, all rights reserved.