基礎の型枠の検査

基礎の型枠の検査

土間のコンクリートが固まると立上り部分を形成するため型枠を設置します。土間(ベース)と立上りを1回で打つ方法もありますが、一般的には2回に分けて打ちます。 ここでの検査のポイントは

・鉄筋と型枠の間の距離(コンクリートの被り厚)を確認
・型枠の幅(コンクリートの厚み)の確認
・土台と基礎を固定するアンカーボルトの確認

被り厚が規定より狭いと鉄筋が錆びる可能性があるため、しっかりチェック。またアンカーボルトは鉄筋にきちんと固定してあるかも確認しました。 コンクリートが打たれると見えなくなってしまうため、この検査はとても重要です。

もうじき基礎が完成です。