築50年の家を耐震改修!リノベーション事例を紹介

福岡県太宰府市にて戸建てのリノベーション工事が終わり、
昨日、無事お引渡しとなりました。

今回の工事のポイントは
「耐震改修」「断熱性の強化」「家族それぞれの居場所づくり」「自然素材」

築50年の木造平屋が5人家族の暮らす快適な家へと生まれ変わりました。
各部屋のビフォーアフターの写真を交え、リノベーションの事例を紹介します。

焼杉のブラックが印象的な玄関

目立っていたタイルを焼杉で隠し、シンプルな玄関にしました。
ガラス面が大きく寒さの原因だった玄関ドアは
コストと断熱性を考え引違いの引き戸としました。

玄関の内部です。
床と天井は重ね張りで、それぞれフローリングとラワンベニアを
壁は上からローラー塗りで仕上げました。

正面の壁にはアクセントと明り取りのためにガラス窓をつくりました。
アンティーク調の模様の入ったガラスがおしゃれです。

自然素材の気持ちの良いリビング・ダイニング

もとは床と壁が濃い茶色で部屋全体が暗いイメージでした。
床は屋久杉のフローリング、壁と天井は漆喰のローラー塗りで
明るく気持ちの良い室内となりました。

正面の大きな窓は高性能窓に交換、右側の窓は内窓を付け
断熱性をアップさせています。

工事前はリビングとダイニング・キッチンの間にレールがあったのでカーテンなどで仕切っていたのではと思います。今回はキッチンの目隠しと収納スペースの確保のため、間に壁をつくりました。圧迫感がないよう上は空けています。

またもともと廊下だった1帖分のスペースを部屋に取り込み、
ちょっとこもった感じの居場所をつくりました。

タイルがすてきなキッチン

ウッドワンのスイージーというシリーズのキッチンを入れました。
扉が無垢材なので、部屋の素材と統一感があり、馴染みます。
IHコンロ・フィルターのないレンジフード・ミーレの食洗器と
家事やお手入れがぐっと楽になりそうです。
高くて使いづらい吊戸棚はなくし、手の届く高さに棚を2枚付けました。
青緑のタイルがきれいです。

障子でリビングとつながる洋室

畳を外してフローリングを貼り、壁・天井を白い塗り壁にし、
引戸を襖からラワンに変えました。
ラワンの濃い茶色が既存の木の色とマッチしてレトロ感もありつつ、かっこよくなりました。

障子は紙を貼り替えてそのまま残しました。開けた時の視線の抜ける感じがとてもすてきです。
時間や季節によって開けたり・仕切ったり調整できるのが引き戸や障子の魅力です。

ラワンを張った落ち着く寝室

押入が狭かったので1間に広げ、収納量を増やしました。
ラワンの濃い木目がとても良い色合いで落ち着きます。

においのこもらないトイレ

洗面所からしかアクセスできなかったトイレを廊下から直接入れるように間取りを変更しました。
壁は水に強いしっくいをローラー塗りで仕上げています。
防臭・防カビ効果もあるため、気持ちの良いトイレになりました。

造作の洗面台と室内干しができる洗面所

狭かった洗面所をゆとりのある広さに変更しました。
造作の洗面台と物干し用のパイプ、可動式の棚をつくりました。
手前のパイプはカーテンを吊るすと洗面と脱衣を区切ることもできます。

洗面台はシンクとカウンターが一体になったタイプで、つなぎ目がないのでお手入れしやすいです。

今回の工事では家の外に面する壁はすべて一旦壁を剥がし、
耐震補強や断熱材の入れ替えをしています。
窓は交換したり、残して内窓を入れたりと、コストを考えながら適材適所で計画しました。
古い家でも性能を高め、使いやすい間取りにしてあげれば、十分快適に住むことができます。
建築工事費の上昇や人口減少による空き家問題などありますが、
修理して大切に使うというリノベーションはとてもエコな方法だと思います。
これから家づくりをお考えの方は一つの選択肢として検討されてみてはいかがでしょうか?

関連記事

ここ数年でリノベーションのお問い合わせが増えてきました。今住んでいる家で不便になったところや困っているところを改善させたいという方や中古物件を購入して暮らしやすい間取りに変えたいという方などいらっしゃいます。具体的な目的に[…]

関連記事

家で過ごす時間が増え、暮らしの質や快適性が注目されています。昨年末、熊本でのリノベーション工事が終わり、無事引渡しができました。今回の工事のポイントは「使い勝手の良い間取り」「断熱性の強化」「自然素材による安心な空間」築3[…]

福田建築設計室 一級建築士事務所

 811-1102 福岡県福岡市早良区東入部2-22-44
 092-986-4749
 fukuda@fdesign.work

ホーム | サイトマップ | プライバシーポリシー

CTR IMG